メンバーID: パスワード:          
メールが届かないお客様へ 
HOME   |  健康美容   |  高血圧、脳卒中、中風   |  不眠症、精神、頭痛   |  心臓疾患、血管   |  婦科、更年期   |  挫傷、関節、風濕   |  前立腺、尿道   |  ダイエット薬   |  肝臓、腎臟薬   |  胃、腸、脾臓   |  便秘、痔   |  避妊薬、コンドーム   |  耳、目の用薬   |  鼻炎、花粉症   |  糖尿病   |  口内炎、炎症   |  喉の痛み、咽喉炎   |  風邪、感冒、高熱   |  止咳、肺、気管支炎   |  補腎強身   |  漢方抗癌   |  皮膚   |  家庭常備   |  天津天士力   |  北京同仁堂   |  その他漢方   |  花茶   |  中藥生藥   |  方剤   |  漢方一覽   |  買 物 籠
  更新情報:  ■中国原産地直売,薄利多売! ■消費税、代行手数料が無料!■注文商品到着100%保証!■極力即日発送!
  ・[2020-10-29 13:21:38] 諾貝康體雕素葡萄籽精華 更新     ・[2020-10-7 19:03:19] 雲南白薬 更新     ・[2020-10-7 15:38:27] 秋梨潤肺膏 更新  
  ・[2020-10-6 12:59:54] louis 16(外用) 更新     ・[2020-8-1 10:08:30] ドイツ黒貝 更新     ・[2020-7-16 18:30:50] MAXMANペニス増大丸 2代目 更新  
  ・[2020-5-31 21:14:28] 自然銅(しぜんどう) 更新     ・[2020-5-22 12:51:59] 雲南白薬膏 (外用) 更新     ・[2020-5-20 22:50:58] 勃動力三體牛鞭 更新  

 ■中国原産地直売,薄利多売! ■消費税、代行手数料が無料!■注文商品到着100%保証!■極力即日発送!

商品検索 & EMS番号検索

   
     
   
     

=== 方剤 ===
  辛温解表剤
  辛涼解表剤
  扶正解表剤
  寒下剤
  温下剤
  潤下剤
  逐水剤
  攻補兼施
  和解少陽剤
  調和肝脾剤
  治瘧剤
  清気分熱剤
  清営凉血剤
  清熱解毒剤
  気血両清剤
  清臓腑熱剤
  清虚熱剤
  温中散寒剤
  回陽救逆剤
  補気剤
  補血剤
  補陽剤
  補陰剤
  気血双補剤
  気陰双補剤
  重鎮安神
  滋養安神薬
  涼開剤
  温開剤
  行気剤
  降気剤
  活血袪瘀剤
  止血剤
  疏散外風剤
  平熄内風剤
  軽宜潤燥剤
  滋陰潤燥剤
  燥湿和胃剤
  清熱袪湿剤
  利水滲湿剤
  温化水湿剤
  袪風勝湿剤
  燥湿化痰剤
  清熱化痰剤
  治風化痰剤
  消食導滞剤
  消痞化積剤
  駆虫剤
  涌吐剤
  外瘍剤
  内瘍剤

携帯電話からのご注文
     QRコード対応の携帯電話の場合はこの画像をカメラで取り込んでください。携帯用URLへアクセスできます。
携帯URL:http://www.100kanpou.com/i/
 
六味地黄丸

【組成】
熟地黄24g、山薬12g、山茱萸12g、牡丹皮9g、沢瀉9g、茯苓9g
【用法】
15gの蜜丸にし1日3回、毎回1丸、空腹時
【効能】
滋補肝腎
【主治】
肝腎陰虚。
腰膝酸軟、頭目眩暈、耳鳴耳遠い、寝汗遺精、および小児の泉門閉合不良、あるいは虚火上炎による骨蒸潮熱、手足心熱、あるいは消渇、あるいは虚火歯痛、口燥咽乾、舌紅少苔、脈細数。
【方意】
腎は先天の本であり、骨を主とし、髄を生じる。『霊枢・海論』は、「脳は髄の海である」「髄海の不足であれば、脳転耳鳴、脛痠眩冒を起こす」とある。
だから、腰膝痠軟、頭目眩昏、耳鳴耳遠い等はみな腎陰虚、髄海の不足によるものである。
小児の泉門閉合不良は腎虚による骨の成長が遅くなるためである。
腎は陰陽(水火)が併存する臓であり、腎陰虚であれば陽は上亢になりやすい。
すなわち「水虧火旺」である。
寝汗、遺精、骨蒸潮熱、消渇、歯痛、口燥咽乾、舌紅少苔等の症はいずれも陰虚陽亢、あるいは水虧火旺によるものである。
だから、本方は腎、肝、脾の三陰を補うと同時に補腎陰を主とする。
方中の熟地黄は滋腎陰、益精髄で、君薬である。
山茱萸は酸温で滋腎益肝である。
山薬は滋腎補脾である。共に三陰を併補して補腎治本の効を果たす。
本方配伍のもう一つの特徴は、「補中有瀉」である。
すなわち、沢瀉は熟地黄を配伍して瀉腎降濁をする。
牡丹皮は山茱萸を配伍して肝火を瀉す。
茯苓は山薬を配伍して滲脾湿をする。
いわゆる「三瀉」あるいは「三開」である。
このように配伍して補瀉を併用するが、瀉は滋補薬の滞膩の弊を防ぐためである。
実際はやはり、補を主とする。
また、補と瀉の薬料から見れば、「三補」の用量は「三瀉」より多い。
【注意】
現代はよく、本方で慢性腎炎、高血圧、糖尿病、神経衰弱等の病を治療する。
しかし、必ず肝腎陰虚の証候の場合に用いる。

   ■ 補陰剤
 ・左帰丸  ・左帰飲  ・補肺阿膠湯
 ・虎潜丸  ・七宝美髥丹  ・大補陰丸
 ・一貫煎  ・二至丸  ・知柏地黄丸
 ・麦味地黄丸  ・都気丸  ・六味地黄丸

症状:   狭心症   ふけ、脱髮   喉の痛み   歯痛、口内炎   鼻炎、花粉症   疲れ眼、結膜炎   目まい、頭痛   胃痛、胃の病気   挫傷、関節痛   排尿障害、尿道炎   感冒、発熱   體癬、股癬、足癬   糖尿病   高血圧   不眠症   肝炎、肝臓に石
百年漢方  |  注文案内  |  VIP会員  |  パスワードを忘れてしまった方  | メールが届かないお客様へ  | お気に入りに追加
漢方,精力剤,媚薬,中絶薬,ダイエット薬,現地中国からの直送
漢方精力剤・ダイエット薬・漢方薬、消費税、代行手数料が無料!注文商品到着100保証!